PickUpオススメ

国際化に向けた社員教育はどこで受けられるのか

国際化に向けた社員教育はどこで行えばよいのか

国際化に向けた社員教育はどこで行えばよいであろうか。社員の国際化とは、つまり外国で事業を行ったり、外国人の社員と共に働くことになるということなのです。したがって、日本国内だけではなく、国際社会でも通じるようなマナーを、研修などを通して社員に教育することは、重要なことになってきます。
しかしそれ以上に重要なことがある。社員に対し、国際間の共通語である英語をなるべく上手に話せるようにし、かつ読み書きできるようにするということです。なぜなら英語の会話と読み書きができなければ、海外で事業を行う時に、海外での取引相手と意思疎通、つまりコミュニケーションを取ることがままならなくなり、そうなれば海外での事業は行い得ないからです。したがって国際化に向けた社員教育を行う際には、英語教育が何よりも重視されるべきなのです。

社員を国際化させるにあたっての外国語教育の重要性

社員を国際化させるために英語教育が極めて重要であることは言うまでもないが、それ以外の外国語教育も軽視してよいというわけではないのです。もちろん、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスと言った英語圏では、外国語教育自体は、英語教育だけでも充分です。しかし、それら以外の国々で事業を行う場合は、状況が少々異なります。例えば、中国で事業を行う場合は中国語を、タイで事業を行う場合をタイ語を、ベトナムで事業を行う場合はベトナム語をそれぞれ学ぶ必要があります。
なぜならば、事業を行う相手側の国の言語を学ぶことができれば、相手とのコミュニケーションがより容易になるからです。そのことは、相手との事業がやりやすくなることを意味します。お互いの意思疎通が的確に通じるようになるからです。