PickUpオススメ

社員教育のメリット・デメリットは?

社員教育~ビジネスマンとしての成長のために~

多くの企業で、新入社員に対して研修などが行われているのはご存知ですよね。このように、一般企業で自社の社員を一人前のビジネスマンに育てることを社員教育といいます。
では、なぜ学校をでた社会人に教育をする必要があるのでしょう。それは、学校で習った知識だけではビジネスを成功させることはできないからです。学校で得た知識はいわば基礎で、その知識を実践で効果的に役立たせるために社員教育が行われているのです。
多くの場合、受けた研修に対して社員自身がお金を支払うことはありません。企業の収益を上げるために行われるのですから、お金をだすのは企業側です。もちろん、使用する教材や指導者への給金を考えたら、社員一人あたりへの出資額はバカになりません。
社員教育は、企業が自社の利益のために行う、投資のようなものということですね。教育した社員が、その社員のために使ったお金より多く地益をあげてくれるかは、社員教育の結果次第というところでしょう。
まさに諸刃の剣ですね。

内部の人間?外部委託?社員教育の一長一短

社員教育といっても、その方法は大きく二つあります。まず一つ目は、企業に勤める社員が講師になる場合です。そしてもう一つは、外部の業者から社員教育の専門家を雇ってくる場合です。
自社の社員を使う場合は、外部の人に頼むよりも人件費が安くすみます。また、会社の内部のことをよく知っているので、詳しいことまで教えることができるでしょう。しかし、人にものを教えるというのはとても大変なことです。うまく教えられない可能性も当然ありますよね。
その一方、外部の業者に委託する場合は、その心配をする必要はあまりありません。その道のプロが教えるのですから、生徒となる社員にしっかりとものごとを伝えられるでしょう。その分、高レベルの教育には高い費用はつきものです。必要なお金も必然的に高くなってしまうでしょう。
このように、会社の人間と社員教育のプロ、双方にメリット・デメリットが存在します。経済状況や目標を考慮しながら、企業側は選択していかなければなりませんね。