PickUpオススメ

補助金を受けながら社員教育を受けさせるにはどうしたら良いの

公的な補助金で社員教育を充実させよう

企業経営においてはコスト削減と事業の効率化が求められますが、それ以上に重要となるのが社員教育です。社員は企業のノウハウを担う人材ですから、適切な教育を行うことにより、かけがえのない財産となります。研修などの社員教育を行うには費用が必要となりますが、公的な補助金を利用して充てることが可能です。
国が実施しているキャリアアップのための補助金制度は、主に新入社員などの若年者と、女性などを対象に行われています。たとえば、研修を行うとなれば、そのために講師を招いたり、テキストを購入したりしなければなりませんし、会場が必要となる場合もあります。補助金を利用すればこれらの費用がまかなえるだけでなく、研修中の賃金に充てることもできるのです。

社員教育用の補助金を受給するにはどうすれば良いか

社員教育のために国が実施する公的な補助金を利用するための具体的な要件は、制度によって異なりますが、おおまかな部分は共通しています。
大前提として、社員が、雇用保険に加入している必要があります。ただし、雇用保険は勤務時間が短い者を除いて法律で加入が義務付けられていますから、ほとんどの企業はこの条件を満たしています。
多くの補助金は、正社員のための社員教育や福利厚生に対して支給されます。例外として、契約社員を正社員として積極登用しようとする取り組みを対象とする補助金も存在します。
また、補助金は社員教育だけを対象とするものではありません。先ほど述べた福利厚生のようなケースもありますし、退職を求める社員の待遇改善のために使えるものもあります。具体的な制度は年度によって異なりますので、関係省庁にご確認ください。