PickUpオススメ

外部に任せるか自社で行うか、これからの社員教育

外部に任せる事で楽をする事が可能

外部に社員教育を任せる場合には、楽をする事ができるので自社に対する負担は極力避ける事が可能です。特に限られた人材しかいない会社の場合には、忙しい社員の邪魔をしなくて済むので、仕事にも悪影響を及ぼさないで済みます。社員教育は思っているよりも時間がかかってしまって、担当になった方の負担が大きくなる事がほとんどです。
その分外部に対して、一定額のお金を支払わないといけなくなるので、どうしてもお金の負担が発生してしまいます。お金に余裕がない会社にとって、お金の負担はとても大きな問題です。外部のスペシャリストに依頼するという事は、内部で行うよりも多くのお金を準備しないと利用する事ができないのでよく検討する事が求められてきます。

自分達で実施する場合のメリット

忙しい方が担当する場合には、現在行っている仕事の進捗に何かしらの影響が発生するかもしれません。その分、他の社員がフォローしたりする事が必要になってくるので、連携力が重要です。しかし自分達で社員教育を行う事ができれば、目的に合わせた教育を行っていく事が可能なので、素晴らしい人材へと成長していく可能性があります。
お金の消費も最小限に済ませる事ができますし、社員教育を通じて素晴らしいコミュニケーションとる事も可能です。また講師として参加している方も基本的な事の復習にもなるので、メリットがとても大きいです。その分講師の方の負担が非常に大きくなるので、しっかりと社員教育を行えるように社内の人間がフォローしなくてはいけません。